2009年10月アーカイブ

1日に必要な野菜の摂取量はどのくらい?

健康を維持するためには、さまざまな栄養素をバランスよく摂取することが必要です。

例えば、野菜のみで見た場合、日本人が1日に摂取することが望ましいとされている摂取量は約350グラム以上といわれています。

けれども、実際にそれだけの野菜が摂取されているかというと、ほとんどの日本人が野菜不足になっており、成人の平均的な摂取量は約290グラム前後というのが実際です。

特に、男女とも20~40 歳までの年齢層では野菜不足の傾向が強く、平均して250グラム前後の摂取量が平均的な数値になっています。

野菜不足の解消は、まずは食生活の改善から

野菜不足を解消する際には、まず、日常の食生活の見直しからはじめてみましょう。

外食が多かったり、肉類中心の食事メニューではついつい野菜不足におちいりがちになってしまいがちです。

けれども、「野菜を摂ろう」と思っても、モチベーションだけで維持するのはなかなか大変かと思います。

そんな方におすすめなのは、おいしい有機野菜の宅配サービスを利用すると、毎日の食生活が楽しくなり、結果として、野菜の多い食事メニューが増えることになります。

青汁は栄養価の高い野菜を原料にした健康食品

野菜不足を解消する際は、青汁を毎日の生活に取り入れてみるのもおすすめです。ケールやゴーヤ、明日葉などの栄養価の高い野菜を原料にした、さまざま青汁が販売されています。野菜不足の解消は日常の生活で自然野菜を多く取り入れることが一番大切ではありますが、食事だけでは足りない栄養素は青汁で補うのも効果的な方法といえるでしょう。

無農薬・有機野菜の宅配サービスを利用

野菜不足の解消には、1日に朝・昼・晩と主菜・副菜あわせて2品目づつの食事が目安になりますが、それだけの野菜を食事に取り入れるのはなかなか難しいものです。

たいていは決まりきったパターンの献立になりがちですが、そんな場合でも有機野菜の宅配サービスを利用すると、食事のメニューにも多様性を保つことができて便利です。