青汁は栄養価の高い野菜を原料にした健康食品

野菜不足を解消する際は、青汁を毎日の生活に取り入れてみるのもおすすめです。ケールやゴーヤ、明日葉などの栄養価の高い野菜を原料にした、さまざま青汁が販売されています。野菜不足の解消は日常の生活で自然野菜を多く取り入れることが一番大切ではありますが、食事だけでは足りない栄養素は青汁で補うのも効果的な方法といえるでしょう。

この「青汁」というのは、栄養価の高い野菜をジュースにして搾ったものですが、それを乾燥させて粉末状にしたものや冷凍してパッケージにしたものなど多くの商品が販売されています。

仮に、1日に必要な栄養素を生野菜のまま食べることで補うとなると、かなりの量が必要になりますが、ジュースにして搾って飲むことにより、コップ1杯程度の量になりますので摂取しやすくなる利点があります。生の野菜と比較すると、粉末化したり、冷凍化することによる製造過程である程度の栄養価が損なわれてしまうことになりますが、健康食品会社ではできるだけ栄養価が損なわれないような工夫もなされています。

栄養価が高い青汁として、ケールを原料としたものや大麦若葉を原料としたものなどさまざまな野菜がありますが、これら青汁の原料となる野菜を比較(青汁 比較)してみますと、野菜の王様といわれるケールや味にクセのない大麦若葉、あるいは明日葉が主原料に使用されることが多い傾向にあります。

日常ではあまり食卓に並ぶことのない、ビタミンやミネラル、食物繊維が多く含まれている野菜が使用されているので、効率よく野菜不足を解消するには青汁を飲むのがおすすめの方法といえるでしょう。